ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

【シリーズ】PIERROT『ID ATTACK』【PIERROTを振り返る】

ID ATTACKID ATTACK
PIERROT

曲名リスト
1. a pill
2. PSYCHEDELIC LOVER
3. DAYBREAK
4. Upper flower
5. ネオグロテスク
6. 革命の黒い翼
7. ACID RAIN
8. HILL-幻覚の雪-
9. GOD BLESS ×me××××
10. MORNING JUNKY
11. 薔薇色の世界(album mix)
12. ANSWER

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

PIERROTのメジャー4thフルアルバム。
外部プロデューサーに亀田誠治西脇辰弥、成田忍、佐久間正英と非常に豪華な顔ぶれ。

メジャーデビュー後のPIERROTが構築していった壮大な物語は、前作『HEAVEN』で一区切り。
宗教的で神話のようだった世界観は影を潜め、徐々にドラッグ、国際情勢や政治批判、自己の存在意義(アイデンティティー)などをテーマにしたものへと変遷していく。

歌詞だけでなく、音楽性もガラッと雰囲気が変わった。
軽快に鳴り響く四つ打ち系ダンスロックナンバー「a pill」に度肝を抜かれる。
インディーズ時代からの繊細なアレンジや変態的なフレーズは激減したものの、元々持ち合わせていたポップセンスとストレートなロックが融合した楽曲群は、思いのほか耳障りが良い。
「Upper flower」から「ネオグロテスク」の流れは突き抜けていて秀逸だと思います。
また、「Hll-幻覚の雪-」はAngelo、「PSYCHEDELIC LOVER」はLM.C、それぞれ現行バンドの雰囲気に近い。

このように、キリトとアイジの剥離が如実に現れ始めた作品でもあり。
PIERROTの過渡期に作られたためか、周囲では賛否両論が巻き起こった。

もちろん、『ID ATTACK』がお好きな方もいらっしゃるだろうし、このアルバムからPIERROTにハマった方もいらっしゃることを踏まえた上で書くんだど、当時の私にとってはシンドい一枚だったなあ。

一曲一曲は嫌いじゃない。
だけど、どこか煮え切らない。
モヤモヤとした違和感。
キリトの声も、歌詞も、メロディーも。
好きだけど、好きじゃない。

思春期を共に過ごしたバンドが、次第に自分の理想とかけ離れていく。
大好きだったバンドがシングルをリリースする度、踏み絵となっていく。
その事実に気付いた時の空虚な気持ち。

あの頃は辛かったなあ。
ラストシングル『HELLO』が出た時、「もうピエロの新譜を無理して買わなくて済む」と心底思った。

ピエラー当時の私の勝手な理想だったんだけど、『HEAVEN』の先の世界は『ID ATTACK』ではなかったんだよね。

Angeloの『RETINA』が理想を叶えてくれて、全てを突き破ったのが『FAITH』。

でもそれだって、この『ID ATTACK』がなければ生み出せなかったもの。
改めて向き合う機会に恵まれて良かったと思う。

私はPIERROTを振り返ってみると、楽しかったことも辛かったことも全てひっくるめて懐かしさが込み上げてきて今のAngeloが好き過ぎて最新型のお兄ちゃんが綺麗で愛し過ぎて10月までこのテンションが続くのかと思うと神経がワレそうです!!!!!



▲突如として爽快なポップロックに振り切られ、戸惑ったピエラーさんも多いのでは…。極彩色はごくさいしきと読んでくださいお兄ちゃん…†(お兄ちゃんの上腕二頭筋がまだ貧弱)


▲「歌詞も衣装も恥じらいがない!!!!!」と個人的には大ブーイングの一曲ですがツッコミドコロの多さもPIERROTの良さだったような気がします…†


▲聖書のアベルとカインをモチーフにしたキリトらしい一曲。このPVは大好き。