ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

【2011】dieS『ANGEL JESUS dieS in EDEN』【名盤】

20111122012931-952.jpg


dieS 1st full album(2ndプレス)
『ANGEL JESUS dieS in EDEN』

【収録曲】
1.in my head
2.侵入
3.分身
4.fucker
5.high-裸-night
6.die
7.死界
8.新生児
9.幻影
10.シャーマン
11.ANGEL JEJUS dieS in EDEN
12.birthday(ボーナストラック)


2007年にリリースされた1stアルバムにボーナストラック1曲を追加し、全曲デジタルリマスタリングを施したもの。
うかうかしていたら完売していたので、今回の再発は嬉しかった。

ヘヴィーかつソリッド。
ダークかつエロティック。
ゴシック・デカダン要素を含む大人のロックンロール。
古いボルドーの赤ワインを彷彿させる、中毒性を帯びた大変渋いアルバムです。
Vo.荒瀬大の低く艶っぽい歌声は貫禄すら感じる。

私は中盤の鼓動を打つインスト「die」から後半の流れが特に好き。
爽やかで疾走感溢れる1曲目「in my head」からは想像も付かない濃密な地下世界。
また、ボーナストラックの「birthday」が良過ぎてついつい尻から聴き始めてリピートしてしまう。

こりゃ〜BUCK-TICKがお好きな方はピンとくるはず。
ライヴを見たときは『SEXY STREAM LINER』〜『Mona Lisa OVERDRIVE』辺りに近いかな〜と思ったのですが、今回のアルバムは『TABOO』〜『Six/Nine』の暗くて甘美な雰囲気を感じました。

いや〜スゲー名盤ですね(もっと早く聴いておけば良かった)。
今年再発されたアルバムなので、2011年の名盤に追加しておきます。

ところで、個人的にVo.荒瀬氏の歌声はまるでダークサイドに堕ちた佐々木望みたいだと試聴して以来ずっと思っていました…。
ホントに絶妙なんだけど…発声の仕方が似ていると言うか…。
例えるなら、悪役の佐々木望(最近の低い声)がB-Tを歌っている感じ…。
ほかのヴィジュアル系バンドではなかなか聴けない魅力的な声だと思います。
ほのぼのとしたラジオとのギャップも凄い。

◆dieS official web site
http://www.die-s.com/

◆dieS official myspace
http://www.myspace.com/diesdies

●KS-Pの音楽の時間 2011年10月18日放送回 11.10.25 (45分)
http://www.odoroku.tv/vod/00000432D/index.html
出演者:dieS
ゲスト:想(emmuree) 久我新吾(LIPHLICH) 雅史(TOKYOHEROES) リンダ(TOKYOHEROES) 渋谷ヒロフミ(DISH)

太鼓判