ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

「1~12月に一月毎にそれぞれ曲を当てはめて、1年コンピレーションアルバムを作ってください。同じアーティスト縛りでも可です。」

張り切り過ぎました。
日本の四季を感じさせるV系の名曲たち。


3720557.jpg

V系1年コンピレーションアルバム『calendar』

4月 四月一日Kagrra,
5月 May Day(Plastic Tree
6月 六月の沖縄(BUCK-TICK
7月 Yes, SummerdaysGLAY
8月 八月の憂鬱(MASCHERA)
9月 すみれSeptember Love(SHAZNA
10月 This Is Halloween(The CANDY SPOOKY THEATER)
11月 25(deadman
12月 I Wish(L'Arc〜en〜Ciel)
1月 冬の日(cali≠gari
2月 立春(STRAY PIG VANGUARD)
3月 Teen age〜卒業〜(Raphael

1月スタートだと上手くまとまらないので、ストーリー性を重視し4月スタートにしました。


◆4月 四月一日Kagrra,
アルバム『Core』収録。
“和”のアレンジが活きた美しい曲。
ムックの「4月のレンゲ草」と迷いつつも、オープニングに相応しいと思ったこの曲を。

◆5月 May Day(Plastic Tree
アルバム『Puppet Show』収録。
高校時代、この曲を初めて聴いて一発でプラにハマった。
ゴリゴリした演奏に浮遊感のある歌、五月病を彷彿させる厨二臭さが最高。
若干、Pluerの「5月の華」を入れようか迷った。

◆6月 六月の沖縄(BUCK-TICK
ベストアルバム『BT』収録。
6月と言えばこの曲しか思い浮かばなかった。
妖艶な雰囲気が堪らない。

◆7月 Yes, SummerdaysGLAY
アルバム『BEAT out!』収録。
以前作ったV系夏ベストに被らない曲を持ってこようと思いセレクト。
哀愁を帯びた疾走感が良い。

◆8月 八月の憂鬱(MASCHERA)
アルバム『orb』収録。
8月と言えばこの曲しか以下略。
気怠く幻想的な隠れた名曲。

◆9月 すみれSeptember Love(SHAZNA
アルバム『GOLD SUN AND SILVER MOON』収録。
ご存知、一風堂の大ヒット曲をシャズナがカバーし再ヒット。
ムックの「9月3日の刻印」も考えたが、重過ぎるので却下。

◆10月 This Is Halloween(The CANDY SPOOKY THEATER)
アルバム『Spookywonderland』収録。
Nightmare Before Christmasのカバー。
ハロウィンと言えばこの曲!

◆11月 25(deadman
アルバム『701125』『701125+2』収録。
11月は自分の誕生月だけど、暦的に地味でパッと思い付かなかった…。
そんなわけで三島由紀夫の命日がモチーフと言われるこの曲を(暗い…†)。
思えば死人にガチでハマったのはこの曲からだった。

◆12月 I Wish(L'Arc〜en〜Ciel)
アルバム『True』収録。
クリスマスがモチーフの曲は数あれど、このシーズンになると必ず思い出す曲なので。
この曲の仮タイトルが「クリスマス」だったような。

◆1月 冬の日(cali≠gari
アルバム『第5実験室』『再教育 左』収録。
降り積もった白い雪、澄み渡った青空。
凍えた季節の中にも温かさを感じる曲。

◆2月 立春(STRAY PIG VANGUARD)
アルバム『MIXTURE』収録。
厳密に言うとV系ではないのだが入れてしまおう。
春の訪れを感じさせる明るさ、笑顔。

◆3月 Teen age〜卒業〜(Raphael
アルバム『卒業』収録。
まさに“卒業”をテーマに作られた曲。
叙情的で未来を感じさせるメロディーが切ない。


自分でも良いコンピだと思う(ΦωΦ)フフフ…