ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

emmuree『灰色』

2回目の音源感想です。
2006年の入手直後にも感想を書いたのだが、今回改めて綴りたくなったので。


2011_06_21_00_37_53.jpg


1.silence
大変な名曲です。
サイレンのようなイントロで幕を開け、少し寂しげに…それでいて壮大に展開していくミディアムナンバー。
初めて聴いた当時は、これまでの音源に比べ歌の癖も薄れ、非常に間口が広がったように感じた。
深く、深く、海に沈んでいくような心地良さがある。

2.story in heaven
アンミュレにしては珍しい、カラッとした感じのロックナンバー。
想さんの声が妙にhydeっぽい。
軽快なリズムが好きです。
他の曲に比べてフレッシュな気がする(笑)。

3.バレリーナ
個人的にライヴで演奏されるとテンションが上がる曲。
重いドラムに地を這うベース。
ゴシックかつ妖艶なイントロとは裏腹に、サビでパッと開ける。
まるでシャーマンの儀式のように、想さんがスカートを翻してヒラヒラ踊る姿が好き。
この音源の中では最も“ザ†アンミュレサウンド”。

4.白い花
物凄い名曲です。
多くは語らないけど、アンミュレの温かさが最も表現されている曲なんじゃないかな。
この曲に関しては、想さん自身がブログで綴っています。

5.ロザリオ 〜罪人に捧ぐ ballad〜
荒々しい、がっつり骨太のロックナンバー。
アンミュレサウンドの王道とは程遠いけど、渋いです。
私は大好きなのだが、朋さん的に苦手意識があるらしく、ライヴでの演奏頻度が極端に少ない(もっと演って!)。

6.Gerbera
どうしようもなく名曲です。
曲調的には「楽園」に近い雰囲気を持っているけど、歌詞の世界観がグッと現実寄りになったと思う。
演奏する側も聴く側も物凄いエネルギーを要するはず。


そんなわけで、ロック色の強い曲と、優しくも力強いミディアムナンバーが交互に収録され、初めての方でも比較的聴きやすく、“アンミュレ入門編”にはもってこいのCD。
音質的にも演奏的にも、再録の必要性を感じさせない完成度を誇る。
復活した頃のエネルギーやパワーがギュッとパッケージされていて。

今聴き直してみると、アンミュレにちゃんとハマるきっかけになったこの音源が一番アンミュレっぽくないような(確かにアンミュレなんだけど暗黒臭が極めて薄い)。

(※アンミュレの歌詞には度々“灰色”という単語が出てくるのも特徴)

まさに、白にも黒にも染まらない…GLAY“灰色”。

スモークがかった、むせ返るほど濃厚な空気感。
暗闇の中に射す、一筋の光。

これが、アンミュレが言うところの“幽閉された世界”なのだと思います。

「暗黒系はちょっと…」という方にこそ、聴いて頂きたい一枚。

もちろん、現在もオフィシャルで入手可能です。


太鼓判 太鼓判