ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

emmuree + munimuni + dish japan tour『幽閉された柔らかいお皿』@仙台HOOK

略して『幽閉やわ皿 in 仙台』。
『MiD DERACINE 2nd Anniversary 1st Day』を兼ねて行われたこのイベント。
主に池袋音処手刀で楽しくライヴを演っているメンツ(以下“メルスタシーな仲間たち”)と、仙台の3バンドが絡み合うという、非常に稀で有意義なものでした。


2011.5.16


CIVIL(仙台)
仙盤一組目。
ああ…このローカル感が堪らない。
ヤングで、黒くて激しいラウド系になりたそうなバンド。
煽りを頑張っている姿が大変微笑ましく、妙な郷愁を感じたよ…。
Vo.が「震災後、ライヴを演りたくても演れないバンドさんがいて寂しいですが…僕らが仙台を盛り上げて行きましょう!」的なことを話していた。
東北関東大震災後、仙盤の彼らたちはきっとさまざまな感情を抱いたことだろう。
この先バンドを続けていく中、例え客が少なかろうと、誰も煽りに乗らずとも、それでもなおステージに立ち続けたいと思った(であろう)気持ちを決して忘れないで欲しい!!!!!


DISH(池袋)

・ドレスフラワー
・プラネタリュウ
・LIVINGDEAD GIRLFRIEND
・バリア
・DISCO BEAT EMOTION
・インダストリアルハニィ

伝説のコピーバンド大会『†耽美的、宴† 〜メルティナイト〜』で知って以来、ずっと気掛かりだったDISH。
ライヴは物凄くご無沙汰だけど、そんな気がしないのはずっとブログやついったーを見ていたせいかな?
以前見た時点で既に格好良かったけど、5割り増しで格好良くなっていた!!!!!
初仙台のはずなのにめっちゃ盛り上がったし。
巷によくある分かりやすいV系ではなく、オルタナ・グランジを機軸にした激情型のエモロックバンド。
音楽性&ヴィジュアル的に仙台シーンのロキノン系ファンにもすんなり受け入れられると思う。
いやはや、ねもやん可愛いよ、ねもやん。
オサレでキュートなベーシストとしての立ち姿が確立されている。
悲痛な表情で歌い上げるしびさんとのコンビネーションが絶妙。
DISHは断然ライヴがいいな〜。
あ、『渋谷が大変』のオーディションで優勝されたとのこと、おめでとうございます。
いつか荒吐(ARABAKI ROCK FEST)でDISHを見たいです(笑)。
(※2010年には『出れんの!?サマソニ!?』へエントリーしていました)
なのでまたガンガン仙台へ来てアピールしまくってください!
新譜も良かった。


SILK DUZZ FACTORY(仙台)

・ナイトシアター
・思い出の部屋にさよなら
〜MC〜
・(仮)新曲α
・GADARUKANARU

通称“シルダク(汁だく)”というらしい。
今回の拾いもんでした。
Vo.に強烈なヴィジュアルshockを感じずにはいられない…†
寝起きスタイルからそのままメイクして出て来たような異常にユルいスタイルなのだが、非常にオーラを感じた(笑)。
この衝撃を忘れないためにイラストとして描き留めておいたんだけど。
こんな感じ↓
scaled_20110517205702.jpg
…ちょっと待て、その例え難いヴィジュアルは一体何だ。
見た目とは裏腹に妙な爽やかな楽曲もあり、こなれている印象。
特に最後に演った激しめの曲が超ツボだった(音源ないよな…)。
MCも酷くグダグダで(この後焼肉を食べに行くためにライヴへ出たような感じ笑)、歌上手いし絶対ヴィジュアル系大好きだよ多分…と思いきや、このVo.のブログがスゲー面白い!
端々にV的な単語が→「いただきマリス」「ルナシーのデジャブ」「今から葉月の物真似しにカラオケ行きます」
…このままチョップ界隈というかメルスタシーな仲間たちと絡んでいけばいいと思う。
今までの仙台ではちょっと見掛けない雰囲気のバンドだったのでコソーリチェックしておきます。
また池袋組と対盤しないかなぁ〜。


munimuni(池袋)

・死者列車
・知らないの
・My Lucifer
・The Doguu song
・Power
・He

ムニムニ、安心の暗黒クオリティー。
こりゃもはや玄人の領域だな。
壮絶に格好良い。
最初に演った「死者列車」もモーレツに良かったよ…。
摩様の不安定な歌声と80'sアングラバンドを彷彿させる楽器隊の音色。
圧倒的な存在感と、くすんだ色彩、ノスタルジー漂う空間が心地良い。
最後、ステージからハケる際のパフォーマンスが妙に長過ぎるのも素敵(笑)。
ブログでの摩様の言葉が築一愛しいわ。
是非また仙台へいらしてください!
「なんだか楽しい雰囲気で超コウフンの一夜だったね・・・」


emmuree(池袋)

・miss【drain】
・ROSES -骨と薔薇と闇と光-
・Gray Note Freak Show
〜MC〜
・angel's watercolor
・祈り
・楽園

てっきりトリかと思っていたので不意討ち。
昨年末の単独以来、実に半年振りのアンミュレ。
仙台は熱帯夜アンコールの11月以来かな?
思えば私がアンミュレを見始めてから9回目の仙台だった。
4年前はまさかここまで彼らを好きなるとは思わなかったし、ここまで彼らが仙台へ来てくれるようになるとは思いも寄らなかった。

初っ端から激しめのセトリで熱い流れ。
何つーか、もはや以前の仙台のようなアウェイ感はないよ…オーディエンスがあんむれのステージを求めていたよ…。

久々のあんむれは紛れもなく私の好きなあんむれでした。
見ていなかった間のブランクは全く感じさせず、過度な期待感や高揚感よりも、音が体にすんなり馴染む安心感。

祈りは演ると思っていたけど楽園が意外だった。
弔も演らなかったな。
いやしかし良いセトリだった。

このバンドのことをいかに好きかは既に書き尽くしているので(笑)、今回のライヴで少しでもアンミュレが気になった方はこのブログを遡って読んで頂けると幸いです(だいぶ愛がキモいけど)。

WEST単独まであと10日。
必ず成功すると信じています。


MiD DERACINE(仙台)

・PERSONA
・INVISIBLE LAMENT
・IF I CAN'T BE YOURS
・SOMBRE DIMANCHE
カナリア
・SPIT AS DECOLLATION SAD
・THE COMA

en
・AN OVERTURE TO EACH FUTURE

さてさて、今年2周年を迎える彼らがトリ。
Vo.の雲雀(ヒバリ)さんはex.Schmelz Cureだそうな。
そうだな〜初見の印象としては、フライヤーやジャケットデザインなどの雰囲気作りは上手いが、パフォーマンスが追い付いていない感じ。
総合的に決して悪くはないんだけど、一曲一曲にやりたいことを詰め込み過ぎていて散漫な印象。
ラウド寄りにするには音圧や疾走感が足りない。
あと、デスボより歌もののほうが向く歌い手だと思う(ブルース的な曲のほうが面白みがあった←もう一工夫欲しいけど)。
上手くいけば山羊とか砂糖辺りの客層も取り込めそうなのに色々と惜しいな。
あ、雲雀さんがライヴ中ニコニコと嬉しそうだったのは好印象でした。
今後に期待!


そんなわけで、出演者のみなさま、仙台の方々、遠征組のみなさま、お疲れ様でした!
色々ありますが、こうして無事HOOKでライヴを見られることが何より幸せです。

『幽閉やわ皿 in 仙台』再演熱望…†

(ついでにアンバーグリスとかレプリカとかaieとか真様辺りを連れて来て頂けると更に嬉しい)

2011_05_17_22_50_30.jpg
▲ようやくむれむれタオル買えた!
 気持ち的にはWESTでデスゲ並にタオル掲げたい位の勢い(気持ち的には)。