ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

番外編:Gravel『懺悔ノ終幕 〜神従者ガ通リ過ギタ痕〜』

今回は「90年代〜00年代初頭のビジュアル系(主にジャリバン)」に強く影響を受けたオリジナル楽曲を製作している「懐古主義的V系同人音楽制作集団 Gravel〜グレーベル〜」さんをご紹介させて頂きます。


2011_01_25_01_54_04.jpg


まず「ジャリバンって何ぞや?」というヤングでネオな方のために、ちょっくらmixiコミュ「ジャリバン大好き」から引用させて頂きますね(流さん、許可ありがとうございます)。

○ジャリバンの定義(どれかが必ず入っている)
・コテコテ、ドロドロな世界観を本気でやっている!
・テクニックよりセンス重視だ!
・MCが俺、お前口調で命令形だ!
・歌が下手だ!声が細い!音域が狭い!
・メロディよりシャウトが大事だ!シャウトもデス声はダメ!
・演奏が荒い!リズムずれてる!
・音源の音がショボイ!軽い!薄い!
・煽り曲の繰り返しが長い!
・手パタは許さない!頭振れー!
・むだにテロテロしている!
・衣装は髪は黒金白赤青など原色系!
・ライブハウスはナルシスがメインだ!

レベルが高すぎるバンドはジャリバンにはなりません。
オサレ要素が強すぎるとジャリバンにはなりません。

・ジャリバンネ申
Deshabillz、La:Sadie's

・あの頃は若かった
Dir en grey(インディーズ時代)、ROUAGE(KAIKI在籍時)、黒夢(中絶児の頃)、Laputa(5人編成時)、FANATIC◇CRISIS(太陽の虜時代)

・主な現役バンド
Ru:natic、Megaromania、Vallquar、摩天楼オペラ、Rosario、焔、Larme d'ange

・代表バンド(解散・方向転換済)
Madeth gray'll、Aliene Mariage、Eliphas Levi、ギルト、La'Mule、L'yse:nore、Due'le quartz、Syndrome(一期)、DEViL KiTTY、Chateau La tour、De-ARK、DAS:VASSR(初期)、Ruellia、Mist of Rouge(初期)、AZALEA、ピュエラ、Larm+Madu'le、Nerv Rituell、ロザリオ、雀羅、弥叉、Beata、PERSONA(広島)、La ferrie、Luna de Miel、Rentrer en Soi(初期)、ze零ro(初期)、Mercuro、ElDorado(初期・後期)、IZABEL VAROSA、Jeniva、CalorZe、フィオーレ、Metis Gretel、NoveLis、Wizard etc

要するに、ソフヴィ(※ソフトヴィジュアル系の略)に次ぐ絶滅危惧種ですね…。
そんな「ジャリバン」を愛してやまない彼らの1stベストアルバムがコレだ↓

1stbest.jpg

1st Best Album「懺悔ノ終幕 〜神従者ガ通リ過ギタ痕〜」(初回限定300枚)

1.sabbat #1
2.真紅の花舞い散るあの丘で-wish to will be the one's "precious" mix-
3.straurophobia 〜十字架ノ結末…〜
4.傀儡人形 〜洗礼の章
5.惨劇ニ吊サレタ最期ノ祈リ
6.月瞬く生誕の夜 -Re:birth-
7.an impure amethyst
8.神従 〜第二ノ懺悔〜
9.Iris -De-light action Version-
xx.冒涜の夜宴 〜ノンフィクションバージョン(初回限定盤のみ収録)

…。

懐かし過ぎて思わず笑いが込みあげた。

90'sジャリバンを完全に再現している!

ツタツタツタドコドコドコデッデッデッとしたドラム!
ヴォイヴォイしたイマドキのデスヴォイスではなく「ギャウイ!ギャウイ!」という懐かしのシャウト!
ああっ限りなく軽い音でピロピロと疾走する感じ!
クサクサキメキメのシンセ音に耽美な語り!

何だこの完成度の高さは!!!!!

うおお…トラックxx辺りで謎の音がッ。
ああ…隠しトラック…懐かしいわ…。
こういう無意味な無音トラックとかライヴ音源とかレア曲が入っているのがCDの面白さだったよね!
このワクワク感や無常感はmp3音源だと楽しみが半減するのよ!
今のバンドも折角CD作るんだったら隠しトラック入れようぜ…ってゆーか隠しトラックの煽りがツボ過ぎて夜中なのに思わず吹き出してしまった。
やっばい背ダイがしたくて堪らない。

その全てが懐かし過ぎて堪らない。

当時はメジャー感重視のピエラーだったのでこの手のバンドはほとんど通っていないのだが、それでもときめいて仕方がない(笑)。
「ジャリバン大好き!」「好き過ぎて自分で作っちゃった!」というその勢いに感服した。
特に卓越したアレンジ&メロディーセンスが素晴らしい。
マティーナ(※Matina)やソレイユ(※soleil)、キーパ(※KEY PARTY)所属バンドに負けず劣らず、むしろ聴きやすい位だ。
コレ、ジャリバン音源を相当聴き込んでいなきゃ再現できないぞ…。

そんなわけでGravelさんの音源、大変楽しませて頂きました。

ハードコアメタルに傾いたバンドが多いこのご時世、90年代〜00年代初頭ヴィジュアル系(黎明期〜V系バブル辺り)のインディーズバンドを聴いていた方は郷愁を感じるあまり涙ぐむこと間違いなし。

ちょっとこの作品の委託を断ったV系店舗は何やってんだという感じですね!(私だったら間違いなく取り扱うぜ。崇高なキャンプ精神を全く分かっていない!)
ソフヴィ路線の『JYL WEIβ(ジャリ・ヴァイス)』『So white love story-冷たい肖像-』もオススメ!

今後の活動も期待しております…†


◆懐古主義的V系同人音楽制作集団 Gravel〜グレーベル〜
http://xxxgravelxxx.net/

◆Gravel official myspace
http://www.myspace.com/graveljp

コチラで通販可能↓

ヴィジュアル系中古専門CDショップ買取&販売【ルーシーズポケット】
http://lucyspocket.jp/