ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

HYBRID Coupling Tour -デスロビン-@仙台HOOK

Vヘスそっちのけで参加。


2009.10.24


meth.
初見。
音源を聴く限りlynch.の子どもみたいなイメージだったけど思ったより開けていた。
つーかVo.が黒ブチ眼鏡のメガネ系男子で一瞬どこの西川(※abingdon boys school)かと。
若干高めの声質的にヴォイヴォイよりもメロディアスな楽曲のほうが合うんじゃないかな〜とも思ってみたり。


cocklobin

・coil
・生まれ落ちた世界
・the dark
・reborn
・cock
chloe
・black

レポの前にちょっと余計な思い出を語っておこうか…。

あれはtosinn時代、2回目の仙台。
私を含め最前が3人という壮絶なるアウェイの中、我々の眼前でにぐが何か知らんけどいきなりツルっと滑って転がったんだよ!
ステーンって!
お前漫画かよみたいな!
心境としてはフィギュアスケートミキティを見ているような気分?(ハラハラ)
それでも即座に起き上がり歌い続けた華麗なるにぐ。
あのときの彼の●ぶ平のような満面の笑みが忘れられず早5年……………。

ほんとにずっと待ってたんだよ!!!!!
ガチで待ってた!!!!!
待ってた……………(にぐへの思い入れは「肉”〜思い出編〜」をドゾー)。

そして待望の復活後初来仙……………にぐってばガチで黒魔術士かとオモタ。
当時より随分貫禄が増している。
頬と顎と掌の分厚い肉が気になって全く集中できない!
マントと小山のような体型に隠れてドラムのキリちゃんが見えない!
あのアー写は詐欺に近いと思う。
そこから透けて見えるtosinn時代のスピーン笑顔…キュン…(にぐにトキメキを感じている自分はそろそろ末期かと思う)。

なのに歌声とパフォーマンスはガチ!

にぐはガチ!
にぐはガチ!

声の伸びも良く、ブランクのわりに全く衰えていない。
にぐお得意のムーディーな楽曲に加え、旧名古屋系のエッセンスがふんだんに取り入れられた楽曲は音源よりライヴのほうが断然熱いな。
ノリ的には拳&ヘドバン、体を揺らす程度でヨボにも優しい感じ。

さて、にぐにとっては久々の仙台ということで正座しながら長々とMC。

にぐ「初めまして、というよりこう言ったほうがいいかな……………ただいまァッー!(V系っぽく)」

ヒャーおかえり!
おかえり!!!!!

何かもうあのしつこい喋りと風貌が前の会社の営業と非常に似ていると気付いたので更に親しみが増す(それってヴィジュアル系としてどうなの)。

ククロビンとしては仙台初だったけど、かなりイイ感じに盛り上がったと思います。
デスゲファンの力もデカいかなー(多謝)。
熱い声援が飛び交う中、上機嫌かつ満足気なにぐを見ていたら私まで嬉しくなったよ(ニヤニヤ)。
今回は残念ながらヒサキ氏が不参加でしたが、「今日はヒサキ君が見えないだけだよ」(にぐ談)。
姿はなくとも心はここにありと。
いやはや、初見なのに凄く懐かしい気持ちに浸ることができました。
次回は5人揃って是非!

まあ、ククロビンに関しては思い入れ補正が物凄いっす。
実のところまだまだ進化の余地はあるかもしれない。
折角メンバーが5人もいるんだから、少し同期を控えるとか音のバランスがとか色々。
個人的にtosinnのダンサンブルな楽曲がド級でツボだったので(てゆうかあそこの楽器隊が好きだった)、ソレ系の音がもっと増えるとなお良し…かしら。


DEATHGAZE
夏の森羅万象以来、怒濤のようにハマった新規です(絶賛マイブーム)。
実際にライヴを見るのは2回目だが、藍ぼんのヴォーカリストとしての立ち姿がマジカコイイ。
「じゃあ俺が歌ってやんよ」ってなっても、単なるカラオケ状態ではなく、キチンと歌い手&フロントマンに成り切れているのが凄い。
下手なVo.よりも断然上手いし、(コレは勝手な想像なんだけど)かなり努力したんではないか?
普通、Vo.が突然飛んだりしたらバンドが機能しなくなって解散か、例え新しいVo.を入れたとしても違和感が拭えなかったりするもんだけど、そんな雰囲気は微塵もなく。
バンドの核がどっしりしているからかな。
またファンが変に斜に構えてなくて熱いのが良いわ。
会場全体でライヴを盛り上げようとしている姿勢に拍手。
バンドとファンの絆みたいなモンが見えてヨボは心打たれたよ…(歳食うと涙腺が緩むからね…)。
轟音&デスシャウト、ヘヴィーで畳み掛けるような激しいライヴなんだけど、空気があったかくて素晴らしいなあと。
てゆーか藍ぼんの地声がやったら紳士(こんなボイスの声優がいたような…)。
あとリズム隊の音が腹に響いて特に心地良かった。


そしてアンコールはデスゲコール。
「デスゲでもう数曲か?」と思いきや、デスゲ+にぐ&ぽりでデスゲ曲「リヒトゾイレ」セッション。
にぐのはっちゃけっぷりが楽しい(笑)。
デスロビン対談(今月号のCure掲載)通りの仲良し&わんぱくさ加減が伺える。
商業的メリットを一切無視した熱いカップリングツアーの幕開けに相応しい初日だったと思います。
本気で毎年デスロビンやってくれないかなー(笑)。
グッズも可愛いので気になった方は是非参加を!
是非!!!!!