ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

何でヴィジュアル系に女の子は入れないの?

そうそう、バカ水さんで『ヴィジュアル系の時代〜』の感想を書かれていたとき、「何でヴィジュアル系に女の子は入れないの?」という話題が出ていましたが。
コメントし損なったんで個人的に書いておきます。

そりゃーもう、ただ単に「あの女邪魔くせえ!!!!!」という憎悪の対象になり兼ねないからでしょう。

「リアルメン狙い」バンギャルにとっては“麺ゲット!”することにおいて非常に邪魔だし、「ヤオイ文化」バンギャルにとっては“ほもほもしい妄想”をすることにおいて非常に邪魔な存在です。

この界隈で成功している女麺と言えばやっぱり犬神凶子ちゃん(犬神サーカス団)や黒猫さん(陰陽座)辺り?

女麺として成功するにはやっぱり、バンギャルの憎悪すら寄せ付けないカリスマ性や実力が必要なんでしょうね。
それか姐御キャラで惹き付けるとか。
有無を言わせない可愛らしさや美しさがあるとか。
楽器テクで魅せるとか。
存在感をあえて消してみるとか。

いずれにせよ女麺って受難。
ファイトです。

まあ、全員が女麺だとまた違ってくるんだがな。
一回だけライヴを見たことがあるけど、ギャルバンのデンジャー☆ギャングはコンセプト的に素晴らしかった。
各メンバーのキャラが見事にリアル麺なんだもの。
「うっわーヴィジュアル系のお約束を貫いてる!」と感心したモンです。
きっとリアルタイムにヴィジュアル系を通ってきた方々なんでしょうね。
アレは面白いと思う。
V系というよりは宝塚の進化版(?)みたいな。
ここなら「リアルメン狙い」バンギャルや「ヤオイ文化」バンギャルも納得でしょう。
つーかそういうファンが付きそうだ(実際どうなのかしら)。

そうそう、BL漫画でも女性キャラは嫌悪の対象になりやすいっすね。
女性キャラを上手くストーリーに馴染ませている作家はBL以外の商業漫画でも大体成功している(よしながふみとか。そろそろ商業漫画はおなかいっぱいだからもっとほもほもしいの描いてよ!)