ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

ちょっと吐き出すよ

ここ数日「あんむれ ラブレ」的な検索で訪れてくださった方が物凄く多いです。
拍手もありがとうございます。

ロヴェアピール作戦大成功…!

なのにすみません絶賛盲目乙で。
しかも腐臭漂うイラストサイトでほんとすみません。
ロヴェアピっても売り上げに貢献できなければ何の意味もないんだよ…。
少しでもご参考になれば幸いです。

先週ゲットして以来、寝ても覚めてもラブレ、通勤・ランチもラブレ、ラブレを聴いてない時間の方が少な…いや流石にそれはないか。
音源なのにあのライヴを見たあとのようなぐったり感。
それを一日中聴いている私は確実にM…。
至福のひととき…。
さて、そろそろ旧と新を聴き比べてどこが変化したか検証してみようか(心の中で)。

普通10年も活動していると、マンネリ化したり、方向性が変わったり、勢いが衰えたりするもんだけど、あんむれってば一体何なのこの熱さ…。
以前はそれほど気にとめていなかったのに、私のこの異常なまでの大フィーバーっぷりは一体何…。
自分でもよく分からんっす、多分病気だと思います、いや、これはきっと恋…ロヴェ…。

あ、これ以降、バンギャル特有の重苦しい思いを書き連ねるのでそれでも構わない人だけ見ればいいと思うよ。

約2年前、deadmanの新譜が出たときも「こりゃあ物凄いもんが届いたぜ…」とひどく感激し、これは売れるだろう、売れるべきだ、と強く思ったことを覚えています。

でも売れなかった。

いつかのインタビューでaieが「これが売れなければちょっと考えなきゃいけない」と言っていた気がする。

そしてやっぱり売れなかった。

売れないことが全ての原因ではないだろうけど、結果deadmanは活休してしまって。
もっと沢山の人に届けて欲しかった眞呼のメッセージも、限られた人の元へしか届かなくて。
それがほんとに悔しくて。

だから今回、アンミュレが渾身込めて作ったこのアルバムを、少しでも多くの人に聴いて欲しいと思った。
聴いてみて合わなければそれでいいから。

deadmanラストのとき、これ以上ハマれるバンドにはもう二度と出会えないだろうと本気で思っていたのに(実際いつまでも粘着的にズルズルと引きずっていたし)。

それを覆してしまったアンミュレへ、極上の感謝を込めて。

ありがとうと言いたい。

以上、バンギャル特有の重苦しい思いでした。