ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

ヴィジュアル系ベスト「蟲」

今回は何とか間に合った!実物は大嫌いですが(なので今回の写真を選ぶのにもビビりまくり)、モチーフとしての蟲は好きです。それではひと夏の儚い命に思いを寄せて。


b_08.jpg




1. ピンクスパイダーhide with Spread Beaver
2. 蟻とチョコレート-remix version-(ROUAGE
3. かげろう(Laputa
4. 蟻塚(deadman
5. 毒蟲(Merry Go Round)
6. 深い森の中のさなぎ(人格ラヂオ
7. 空蝉(ROUAGE
8. 繭月の館(D)
9. 蜘蛛の意図(Pierrot)
10. "カマキリ"-1997 Burst Version-(黒夢

…何か名古屋大好きなラインナップになってしまったが仕方ない。再びROUAGE『CHILDREN』の2曲が入っているのもただの趣味です。

1. ピンクスパイダーhide with Spread Beaver
頭はこの曲しかないでしょ!という感じで。壮大なベストの幕開けにふさわしい名曲。

2. 蟻とチョコレート-remix version-(ROUAGE
ここはあえてリミックスの方を。ルアはこういうデジタルリミックスが非常に上手いバンドだったと思う。他のびずある系バンドがオサレぶってデジタルリミックスにチャレンジすると大概あちゃーな結果になるのに。

3. かげろう(Laputa
B-Tの蜉蝣も考えたが名古屋で繋げようと思ったのでこちらを。アルバムの流れで聴くと良い曲なのだが単品ではいまいちインパクトに欠ける。好きだけど。コウイチ王子のギターはキュンとする。

4. 蟻塚(deadman
かげろうでしっとりとしたところに底なしの闇を。私はこの曲で久し振りに鳥肌が立って動けないライヴというものを体験した。

5. 毒蟲(Merry Go Round)
蟻塚でどんよりとしたところに追い打ちをかける。トータル12分49秒の苦痛。眞呼様の師匠はやっぱり違うわ。この曲は家族や近所の住民に聴かれるとマズいです。色々疑われかねない。もし家宅捜索されたとして一番発見されたくないバンド、メリゴ(笑)。ちなみにメリゴを聴いていてコンポが壊れること2回。

6. 深い森の中のさなぎ(人格ラヂオ
底なしの闇に一筋の光、みたいな。どんよりどんよりした空気を変えるために入れました。

7. 空蝉(ROUAGE
今回のジャケのテーマソング。イメージとしてはシングルカット曲。夏の終わりにぴったり。

8. 繭月の館(D)
ルアで素敵な気分になったところを良い意味でブチ壊してくれるあ様。この曲を聴く度にPVが頭をよぎる。あの部分を何度巻き戻しコマ送りしたことか。

9. 蜘蛛の意図(Pierrot)
音源のクモは破壊力がまるで足りない…。小綺麗にまとめ過ぎでライヴ感が全くないんだよ!録音レベルも微妙。でも今となってはピのライヴを思い出させてくれる貴重な1曲。もう一度かつての一体感を味わいたくなります。

10. "カマキリ"-1997 Burst Version-(黒夢
イントロのベースが格好良い。ラストはこの曲で激しく暴れて締め。

次回予告、9月のテーマは十五夜に合わせて「月」(曲多過ぎて選曲死にそう)。「雨」で2枚組を作ってしまったことに深く反省し、「星」「蟲」はコンパクトにまとめたが、次回はそうはいかないかもしれない。


素材提供:男衾村 - 復興計画