ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

お別れ会

本日で今の職場が勤務終了だったので最後のお別れ会。色々あって皆で貰い泣きした(笑)。今まで働いたどこよりも仲の良いメンバーで楽しかったなあ。会社はアレだったけど。学生の頃に戻ったみたいな感じでした。…さて次の仕事まで暇になったのでTUTAYAでDVD借りまくってきましたよ。

es[エス]

実際にあった心理実験(事件)を元に作られている映画。人が人であるためには…?と語り掛けているような作品でした。やー世間で怖い怖い言うからかなり覚悟して見たけどそれ程でもなかった(ショッキングな場面は多々ありますが)。ちょっと色々ツッコみ要素を見付けてしまったので(笑)。無駄な恋愛要素やアクションシーンがなければもっと恐怖を味わうことができたと思います。前半の雰囲気は良かったんだけどなー。

イノセント・ボーイズ

主人公の雰囲気が若き日のディカプリオに似てる。と思ったのは私だけ?親友の少年はあのカルキン君の弟が演じています。急にやたらと力が入ったアメコミが出てきたりするんで最初は少し戸惑いました(笑)。新しいとは思うけど。雰囲気はいいけど、青春ものとしてはもうひと押し欲しかった。シスターや神父の心理描写が甘い。

恋の門 スペシャル・エディション (初回限定版)

“あの業界”を知っている人なら絶対「あちゃー」と思うこと間違いない。コ●プレとか同●誌とかコ●ケとか。私は「あちゃー」って思いました(笑)。小ネタ多過ぎ。「くっだんねー」(褒め言葉)とか思いつつかなり笑えました。いやあ酒井若菜可愛い!コ●プレ姿ハマっててマジ可愛い!(痛)龍平もひと皮剥けた感じで良かったです。ヲタは一度見るが良いでしょう。

バティニョールおじさん

いやあこれは素晴らしかった。簡単に言えばホロコースト映画。しかし他の映画と違うのは、何も特別なものを持っていないただの肉屋のおっさんが主人公だということ。おっさん役の俳優さんは監督も兼ねているんだけどこれがまたイイ味出してる(子役の演技も良かったなあ)。ほのぼのとしているようで実は深刻なドラマ。先日見た『ヒトラー〜最後の12日間〜』もだけど、人が極地に立たされた時、「あなたならどうする?」と問いている作品だと思います。笑いあり涙あり、今年見た映画の中でもお薦めの作品。