ピンブラブログ

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

recommend【映画】

アリス・イン・ワンダーランド

そんなわけでヨボりながらGやと映画アリスを見て来た。 ここ最近は誰かと行く約束がないと映画館へ足を運ぶのが億劫で億劫で…。さて、アリス好きなバンギャルさんは多いと思いますが、私は昔からそれほど“少女性”に惹かれることはなく、アリスの物語も特別好…

ブタがいた教室

大雨の中ちくーっと試写って来ました。“食肉になるブタ”というと、幼い頃に見たアニメ『ハクション大魔王』のエピソードの一つで、食肉センターへ送られる母ブタが子ブタに「太ったら食べられるから、太っちゃダメよ〜」と投げかけたセリフが今でも忘れられ…

デトロイト・メタル・シティ

久々に映画の感想を書きます。原作を知ってる自分としては賛否が渦めく内容だったなー(笑)。ネタバレになるから一応隠しとく↓公開前から広告打ちまくってたおかげかこんなに混んでる映画館は久々だ! 老若男女入り乱れ…。 おまいらどんだけ松ケンが見たい…

華麗なるカレー with スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

左からインド・バングラディッュ・パキスタン(多分)。 3種類のカレーとおかず、サラダ、サフランライスが食べ放題。 ついでにナンとチャイとデザートも付いて1050円でした(盛り沢山過ぎてあんまり食べ放題できない笑)。カレー食べたの、映画見る前で良か…

「ウミヒコヤマヒコマイヒコ」上映会&トークイベント田中泯×平間至@ふれあいエスプ塩竈 〜後編〜

上映後、田中泯氏ご本人と塩竈出身の写真家・平間至氏のトークイベントを開催。 今年5月、田中泯氏が舞い、平間至氏がその様子を“喝写”する企画があり、そのときの写真展も兼ねたものでした。お二人は、映画『メゾン・ド・ヒミコ』で出会い、「好きな人に出…

「ウミヒコヤマヒコマイヒコ」上映会&トークイベント田中泯×平間至@ふれあいエスプ塩竈 〜前編〜

話は先週の土曜日に遡ります。2007.12.8塩竈グルメを満喫した私は(※過去日記参照)パンパンの腹と荷物を抱え元の道を引き返し、ようやく到着! ふれあいエスプ塩竈。 まー塩竈の公民館みたいなもんでしょうか? この建物がなかなかシャレオツなんだわ。 近…

ミリキタニの猫

1日は映画の日。 というわけで、先週の土曜日は久し振りに映画館で映画を見て来ましたよー。 仙台セントラル劇場(あ、今は桜井薬局セントラルホールだっけ)という、非常に古い小さな映画館なんですが、仙台市街に残る貴重な映画館です(郊外に次々とできた…

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

展開が早い割りに上映時間が異常に長い。途 中 こんこんと 寝 た 。ストーリーが駄目ぽ。字幕のせいかと思ったが脚本がきちんと練られていないんだ、これは。CGと音楽が壮大だから話のスケールまでデカい気にさせられる。「一作目が最高だったよね」という、…

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド(PG-12)

フライヤーが配布されたときから、「双児もの&バンドもの大好きな私が見ないわけにはいかない!」と思っていた映画『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』。 いやーこりゃ参りました、良かった。 好きな人は好きで、駄目な人はとことん駄目だと思う。 だって終わ…

自覚のある美形は凶器

先日、本年度・設定と妄想だけでご飯3杯イケる映画「王の男」を家族(母・韓流ヲタ、妹・ゲーヲタ)と鑑賞して参りました。すみません、冒頭からあまりのベタさと主演の芸人2人のアイ(愛)コンタクトに噴き出しそうでした! いやー何か色々問題シーンが多く…

アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶

私は写真を撮るのが下手だ。 これまで一度たりとも上手いねと言われたことがない。大学の課題も撮り直せと戻ってきたり、講師にもうーんと苦い顔をされたり、家族にもあちゃーと言われることの方が多かった。自分としては見ることや撮ることは好きで、まあ自…

合言葉はあらしのよるに…

妹とあらしのよるにを見て来た。何か色々と物凄かった。余韻引きずり過ぎてどう感想を書けば良いのやら。強いて言うなら、ロミオとジュリエット 小さな恋のメロディ BASARA ニューヨーク・ニューヨーク BANANA FISH辺りを思い出させる内容で、途中小さな子供…

メゾン・ド・ヒミコ

私が小学生の頃、時代はバブルだった。そんでもって親父に連れられてニューハーフパブへ行ったことがある。私が人生で初めて見た本物のオカマちゃんたちは、皆、綺麗で底なしに明るくて、そりゃあもうステージはきらびやかで、子供ながらに「こんな世界もあ…

デッドマン

これは主演のデップと作品タイトル(笑)に惹かれて。舞台は19世紀の西部。最初はダサダサだった青年(デップ)がある事件で瀕死の重傷を負い町を追われ、逃げ込んだ森でインディアンに助けられたのをきっかけに物語はどんどんシビアな方向へ。1995年の映画…

ビッグ・フィッシュ

ずっと見よう見ようと思っていていたのに毎回TUTAYAはレンタル中。んで今回やっとGEOでレンタルすることができました。ティム・バートン監督の『ビッグ・フィッシュ』。彼の映画としては新境地?のヒューマン・ドラマ(やっぱりファンタジー色強いけど)。最…

お別れ会

本日で今の職場が勤務終了だったので最後のお別れ会。色々あって皆で貰い泣きした(笑)。今まで働いたどこよりも仲の良いメンバーで楽しかったなあ。会社はアレだったけど。学生の頃に戻ったみたいな感じでした。…さて次の仕事まで暇になったのでTUTAYAでDV…

アビエイター

母とレイトショーを見に行きました。マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演。実在したハリウッドセレブ、ハワード・ヒューズ氏(飛行家)の伝記映画。…うーん。この映画はまずカップルで見に行くべきではないかと。見終わった後、気まず…

オペラ座の怪人

じゃららららーじゃらららららー。メインテーマが頭から離れません。えー母妹私の三人でやっと見て来ましたオペラ座の怪人。開始時刻が新聞に載っていたのと違ったので戸惑ったよ。今時はわざわざネットで調べないとイカンのですか、そうですか。で、肝心の…

ぼくは怖くない

イタリア南部の片田舎。少年の目を通して“ある事件”が淡々と綴られていく。美しい農村風景とは裏腹に、残酷でグロテスクな人間の姿が浮き彫りになっている。その世界を彩る音楽は、ただ溜息が出るばかり。

飛ぶ教室

ギムナジウムものです。といっても『風と木の詩』のような耽美ものではありません。『ロミオの青い空』とかが好きな方はきっとハマります。仲間っていいなあ。子ども時代が懐かしくも羨ましくもなる作品。

スクール・オブ・ロック

理屈抜きで楽しいです。純粋に子どもたちが頑張る話って好き。ロック最高!

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

見たものや読んだものや聴いたものをメモ。ここ最近は音楽が絡む映画ばかり見ているような気がします。己の片割れを探し求めるヘドウィグ。怒りの1インチがズンと痛い映画でした。グラム好きにはたまらんです。